スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Basicomm CW TOUCH PADDLES

ハムフェアで試作品を貸していただいていたタッチセンサーパドルですが、いよいよ製品版が出来てきたようです。

と同時に日本国内向け販売準備も整いつつあるようで。
国内での窓口担当はJE1XUZ(KH0XH)さんが担当するようですね。
http://store.basicomm.com/japan/cwtouch

試作品を借りてから、色々と意見を上げていたパドルですが、早速製品サンプルが土曜日に送られてきました。
IMG_1770.jpg
というか、3つのうちのひとつ、AKX001P(Platinum)については、サンプルではなくJAでの購入第一号のJG1FPD氏の分です。

一応お願いされましたので中身の確認、最終検品のために一度開封したときに写真だけ取りましたw
FPDさんに連絡したところ即日とりに来られて、すでにYouTubeに動画まで上がっていますね。
IMG_1771.jpg
IMG_1772.jpg
プラチナムは試作品と同じステンレス鏡面仕上げ筐体ですが、パドルピースが金メッキ仕上げになっています。
話は聞いてましたが実物は想像以上にいい仕上がりになっていました。
ただ、値段も23,900円ですのでちょっと高めですけどね(;´Д`)


そしてこちらの二つがOriginalとVivid(Blue)の2つ
IMG_1773.jpg
IMG_1774.jpg
IMG_1775.jpg
OriginalとVividは基本的に同じ仕上げで色違いですので、モノはまったく同じですが…w
こちらは私の軽量化案だったアルミ筐体仕上げで、重さもプラチナムの400gに対して150gと半分以下に。
徒歩などで移動するときの持ち物にするには意外とこの250gの軽量化は大きいと思うんですがどうでしょうね。
また、金メッキピースじゃないのと、筐体をアルミに変えた事による加工費の削減でVivid(Original)は14,900円と大幅に安くなってます。

試作品の原価も聞いていたんですが、試作品(ステンレス筐体、アルミピース)で1個当たり2万円近い原価でしたので
ほかの試作品の評価メンバーからもちょっと価格が高くなるねと話が出ていましたので、この値段まで値段を下げられたのはちょっと驚いてます。
原価も落とせたんでしょうけど、趣味でやっているといっていたとおりほとんど利益を取ってなさそう(;´Д`)
Platinumも試作品からピースを金メッキにしたり、多分ですがピースの材質もアルミじゃなくて真鍮になってると思いますのでPlatinumの方が試作品より原価上がってるはずですし、それに韓国から日本への輸送費など考えたらちょっとコレで継続できるのか心配な値段でもありますが、買うとしたら安いに越したことは無いですからね…

機能的にはプラチナムもVivid(Original)も変わりませんので、このあたりは好みでしょう。
見た目でいえば、並べればやはりPlatinumの仕上がりが良いですが、Vividも悪くない感じです。
個人的にはVivid(Rad)を見てみたかったところですが…w

それからコレも私の案ですが、製品版からはDot/Dashの極性反転用ケーブルが付属するようです。
私が左手で親指短点、人差し指長点打ちなので、一般的な右手での親指短点と逆になるので極性反転する方法が必要だと指摘してました。
不要な人も多いと思いますが、左利きの人や私みたいに右利きでもパドルは左打ちの人には重要なポイント。
一般的なパドルのようにケーブルを半田付けしたりねじ止めする構造じゃなくて、ステレオミニプラグ接続なので自分で反転するのは結構面倒ですから。


私が買うとしたらOriginal(Black)かVivid(Rad)かなぁ
尚、同じく土曜日にJAの窓口であるJE1XUZさんのところに少量の製品在庫が届いてるそうですので、色によってはすぐに出荷できるときいてます(昨日の時点では)
といってもPlatinumとVividの一部の色がそれぞれ1,2個程だと思うので本格的に供給量が確保できるのはもう少し先でしょうね。
YellowとGreenはまだ製品が無く、入荷は最短で2週間ほど先の予定らしいと聞いてます。
なのでPlatinumとVivid Red、Blueの3色が有るのかな?と思われます。
Originalについてはまだ完全な製品形になっていないサンプルという話でしたので、まだ無いかなと思うんですがどうだろう?

私のところに届いたOriginalは写真で見て判るとおり底面の蓋が黒になってなくてアルミそのままのシルバーですが、製品版はBlueのように底面の蓋もカラーを統一するという話でした。
このBlueについては後日JE1XUZさんに渡す予定で、私はOriginalを使ってまた不具合の洗い出しをする予定ですが、機能的には試作品でも不具合は無かったので、不具合というか今後の参考になりそうな変更案を出す感じでしょうか。
アルミ筐体の強度やカラーの剥げとかがあれば別ですが、色付けも塗装じゃなくてカラーアルマイト処理ですから何か硬いものでこすったり傷をつけるような事をしなければ剥がれてくる事は無いんじゃないかなと思います。

オーダーや、サポート連絡は
http://store.basicomm.com/japan/contactus
こちらまで、という事でした。


======追記=======
http://store.basicomm.com/japan/cwtouch
先ほど正式に販売開始の告知がHPに上がりました。

やはり聞いていたとおりPlatinum、Vivid Red、Vivid Blueの3タイプの先行取り扱いのようです。
おそらくですが、Originalと同様にYellowとGreenも下の蓋部分のアルマイト処理が終わってないのではないかなと思います。
HPに出てる参考写真も全色とも蓋はアルミのシルバーのままですし。

蓋だけの問題なのでそれほどかからずにほかの色も手に入るようになるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JF9BLA

Author:JF9BLA
元ゲームクリエイターでオタなアマチュア無線家
萌えを理解するアキバ系ながら電子工作やアマチュア無線が趣味の理系オタw(ちなみに体形は太ってない、というか痩せ過ぎかもしれない・・・)
現在1アマ。

痛QSLカード普及会、会員No001番(というかソンナモノありませんw)
A1 CLUB 正会員:#1850

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。