FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCU-17でのCW keying設定

今年のハムフェアではID-31でも買うか・・・と思って出かけたわけですが

よく考えたらハンディはVX-7と8があるし、D-STARやら無いし、そもそもVX-7/8すら年に数回しか使わないし。
ハンディ買っても無駄じゃね・・・・?(;´Д`)
ということでID-31をやめてメイン機用のIFということでSCU-17と5000用の接続ケーブルを購入。

したのはいいんですが!
今までほったらかしでしたハイ(;´Д`)w
だって自作のIFで普通に動かせてるし<言い訳

IMG_1623[1]

さて問題はこれをCWのKeyingに使う方法です。
この点はYAESUの営業さんにいろいろ聞いたんですが”ソフトウエアで反転する設定が必要です”との回答。
反転というのはこのPTT端子(ステレオミニ)の先端と真ん中の結線が先端=PTT、真ん中=FSKになっているので、それを入れ替えてやれと言う事です。

一応調べると使っているCtestWinで使用する設定項目が、ある方のBlogに書かれています。
DigitalSound CWも同様の項目で反転してやれば動きます。

ですが!

いちいちソフトの設定で弄ると他のIFにつかぎ変えたりする時に混乱するモトです。
そもそも普段弄る項目じゃないのでどこをどう弄ったかなんて覚えてるわけがありません。
出来れば普通の設定で動かすのがベストでしょう。

ではどうするか、なんて簡単な話ですよね。
結線入れ替えてやればいいんです。”ハードウエア側で”

IMG_1625.jpg

ハイ、これです。
私はCWのパドルが普通の人と逆なのでこういうケーブルをあらかじめ持ってまして・・・(笑
見てもらえば単純明快ですねー(´ω`)
これを噛ませてやれば”ソフト側はCOMポートを指定する以外一切変更なし”で動きます。
勿論、ステレオケーブルの結線を入れ替えたモノを用意しても問題有りません。
たったこれだけの事なのですが、どこにも情報が出ておりませんね・・・
これにより、汎用CW IFとしても普通に動作させることが出来ます(RTTY端子等を使わずに)
我が家では今までFTDX5000とIC-7100用に別々のIFをつないでました(切り替えはソフト側でCOMポート変更)
コレでSCU-17のPTT OUTの先で切り替え分岐してやればIFは1つでどちらもキーイング出来るのでスッキリします。
リグが増えても同様に対処可能ですね。


さて、ココで終わり・・・かと思いきや!
とある方から突っ込みがありまして、よくよくマニュアルを見てみると・・・
IMG_1624.jpg

なんや!基盤にちゃんと反転スイッチあるやないか(;´Д`)!!

はい、普通に蓋あけてスイッチ切り替えてステレオケーブルつないだら終了でした(;´Д`)
というかね・・・”自社のマニュアルに載ってる事ぐらい把握しとこうよ!?”
営業さんに確認したときは裏に設定を確認までしに行ってくれましたが、その結論が”ソフトウエアで・・・”だけでした。
ハードウエアでちゃんと切り替え実装していてマニュアルにも(小さく)載せてるなら教えてよ!w



と言う事で、開けてスイッチ弄るのが面倒な人はケーブル側で反転するもよし。
基盤のスイッチで切り替えるもヨシ。
どちらにしてもソフト側の設定依存だとソフトを変更したり、IFを変更したときに判らなくなったり、そもそもソフト側で反転できないものは使えませんので、ハードウエアで対応した方が良いと判断しました。

同様にスイッチ切り替えたら後で忘れてしまって工場出荷に戻す必要が出たときに困りそう・・・と思う方はケーブルでの反転方法をお勧めしておきます(´ω`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JF9BLA

Author:JF9BLA
元ゲームクリエイターでオタなアマチュア無線家
萌えを理解するアキバ系ながら電子工作やアマチュア無線が趣味の理系オタw(ちなみに体形は太ってない、というか痩せ過ぎかもしれない・・・)
現在1アマ。

痛QSLカード普及会、会員No001番(というかソンナモノありませんw)
A1 CLUB 正会員:#1850

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。