FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムフェア2012 各社新製品の感触

今年もハムフェアが終わりました、EB頂いた各局ありがとうございました。


さて、今年のハムフェアの目玉と言えばKENWOODのTS-990にYAESUのFTDX-3000の新製品2つ…
と思いきや、前日になって突然ICOMからアナウンスがあり、ICOMお得意(笑)のゲリラ発表でIC-7100を出してきました。
おかげで、価格帯が全然下になると思われるIC-7100ですが上手く来場者の興味を引いていた用に思います。

とりあえず3製品とも実動機を触らせてもらえたので、個人的観点からそれぞれの第一印象をまとめて置きます。


>KENWOOD TS-990
先ずはKENWOODのTS-990から。
TS-950SDXの発売から20年間ハイエンドを出していなかったKENWOODの本当に久々のハイエンド機。
何故TS-960じゃないのか・・・と聞くと「950から時間もかなり経っていますし、海外からの声などを参考にしてやはり990かなと。当面は990を売っていく方針で、それだけのポテンシャルを持たせているつもり」と言う答えでした。
良くも悪くもTS-990もロングランになるようですね。

・モデルは2種類
TS-990は200Wと50Wの2タイプのみのリリースになるようです。
曰く「100Wは出す意味がない。100W上限のライセンスがないので、上級向けの200Wと3アマ/移動向け(移動でコレ使うのかは・・・微妙ですが)の50Wを予定している」
と言う事です。
また50Wについては「つくりは200Wと変らない。設定(ソフトウェアという話…?)で50Wにしているだけなので買った後で200Wにも出来る」と言う事。
その分50Wも同じ値段だと思うので正直50Wタイプ買う人が居るのか怪しい所ですが・・・

・操作性、機能
最高級機ですからボタンも機能も満載。それ故になれないと何がなんだか…
メインディスプレイとサブディスプレイの2つが有りますが、メインは外部出力が可能との事。
またメインディスプレイ、実はタッチディスプレイでバンドスコープの任意ポイントを触るとその周波数に一発QSYできます。
但し「現在はバンドスコープ以外に機能を割り当てていない」と言う事で現状は他の操作は全てボタンやノブによる操作になります。

R.FLTは270Hz、500Hz、2.7kHz…とあって基本的にはWITHDの幅に連動して勝手に切り替わります。
但しコレを手動で設定しようとするとメニュー項目に入って…という操作が必要。
FLTの切れは悪くなさそうですが、8J1Aが近すぎてあんまり確認できませんでした(笑
CW時に絞っていっても音はかなり自然なままで、この辺りは流石KENWOODといっていいと思います。
但しAPFですが、オンにするのはボタン操作一つですがピーク周波数の調整はメニューを開いてノブを回して…と言う事になります。
まぁあまり弄る所ではないですが、メニューモード以外でそのノブを回すと受信周波数が変るので要注意(メインダイヤルではないんですが)

それから、本体のみでRTTYの送受信(デコードしてメインディスプレイに表示等)可能で、交信記録をUSBメモリにダンプも可能と言う事です。
キージャックに関しては、フロントとリアの2つ。どちらも独立で同等機能が割り当ててあり、前はパドル(内臓エレキーよう)後ろは電鍵という設定も可能との事(逆も可能だとか?)
この辺りは試してませんのでスタッフの受け売りですが。

・その他
表示方式は色々設定変更が可能で、Sメーターはよく写真に出ているTS-930風表示の他にTS-940風のアナログチック表示、それからTS-950風のバー表示と設定可能と言う事です。
サブ液晶側ですが、旧アナログ機の周波数メモリ盤モドキな表示が可能(TS-520とかのアレ)
はっきり言ってこれらは無駄な機能と言えなくはないんですが、スタッフ曰く「最高級機なので拘りの装飾機能があってもいいかと」と言う事です。
この辺りは無駄だけどあって問題になる物でもないですし色々変えれるのは悪くないとは思いますが。

気になる値段ですが、未定です…が色々聞いた話から推測するに75万~80万台の間じゃないかと。
「他社さんは50万クラスと100万クラスの2系統のようですが、ウチ(KENWOOD)はコレ一台で他社の100万クラスと戦えるだけの性能を持たせる。 値段は100万まで行くとお客様に失礼でしょうから…。(私:それじゃ型番的に990k?)いえ、そういう値段設定も失礼でしょう(笑)。 色々な意見を聞いていると80万前後だとうれしいと言う意見が多いですね」  
と言う事でした。


>YAESU FTDX-3000
続いてYAESUのFTDX-3000(以下DX3000)
このデザインについては賛否両論分かれる所でしょうが、私はこういうデザインも好きです(笑
最高ランクは100Wタイプ。
性能的にはFTDX-5000をシングルVFO化し、コストダウンを施した感じですね。
こちらは既に値段が発表されており(34万程)まもなく出荷を開始すると言う事で3製品の中では最初に出てくる可能性が高いです。

・操作性、性能
基本性能についてはDX5000にかなり近いと考えて良いと思いますが、並べての聞き比べできてませんので何とも言いがたい。受信音の傾向は似ていました。
R.FLTは300・500・3k・6k・15kHz(但し300Hzはオプション)でDX5000と同等。切れ方も似ている感じです。
ただこのクラスの機種としては一つとても不満な点が。
運用モードの変更がMODEボタン1つによるトグル式変更になってます。
正直言ってモービル向けの小型機じゃないんですから・・・小さくても独立ボタンを配置して欲しかった。
出力変更は5W-100W(100Wタイプ)で1W刻み。ノック式ダイヤルでの変更なので、正直細かすぎる気がしましたが・・・5W刻みでいいんじゃない?
尚、ディスプレイにタッチセンサーは搭載されておらず、ただのTFT液晶です。

・その他
デザインに好き嫌いが分かれるものの、それを除けばDX5000譲りの性能ですので小型機しか持ってなくて固定機が一つ欲しいという方にはお勧めできそうなリグです。
サイズはFT-950クラス。
しかし、個人的にはもう10万近く安くでてくると思っていました。
34万出すならせめてDualVFOにするか、又は200W機にしてもらいたかった。
この辺りはそうしてしまうとDX3000が5000のパイを食うとの事で今後も出てこないような話で残念です。
正直今からの人には魅力はありますが、FT-2000Dを持ってる私からするとスペックダウンする部分も考慮した上で34万だして買い換えたいかといわれたらNOでしょうか・・・たとえFT-2kが空耳DSP音だとしても・・・
それなら多少無理してでも5000の下位機種を買った方が良さそうな気がしました。
基本性能が悪くないだけに非常に惜しい感じがしてしまいます。
それなら思い切ってFT-2000をディスコンにしてDX3000シリーズで2000を置き換えても良かったんじゃないかなと思ってしまいました。


>ICOM IC-7100
最後にICOMのIC-7100を。
名前の通り恐らくIC-7000の後継機?と思われます(が現状7000をディスコンにするという話までは出てません)
かなり思い切った変更をしてきており、セパレート前提で本体にコントローラーを固定する事は出来ないようです。
セパレートケーブルはRJ-45ピンのケーブルのようですが、ピンアサインが不明ですのでLANケーブルが使えるかは不明。
シールドも甘い普通のLANケーブルはトラブルの元になりそうではありますが、汎用端子が使われてると言うのは非常にうれしいポイントでしょう。
コントローラ部にスピーカーも内臓し、HF-430まででD-STARにも対応してきました。
また7000で搭載したカラーTFTをやめ、7410や9100と同じようなカラーの単色液晶に変更。(勿論TV機能はなし、いらないでしょうし)
代わりにタッチパネルディスプレイを採用し、TS-990のような部分的活用ではなく、細かいメニューの設定などフルにタッチインターフェースを採用してきています。
この辺りは操作に慣れが必要で、年配の方は慣れるのに苦労するかもしれません…

・操作性、性能
操作に関しては上述の通りタッチインターフェースをかなりの部分で採用してきています。
したがって、メニュー階層が深い(機能が多いので)と言う操作構造は変りませんが、メニューボタンを共用して・・・とかファンクションを組み合わせてと言うような操作は減っています。
設定等は、画面に出てきた各種設定項目の文字をそのまま触れば次に進んでいく感じですので、小型機の操作性向上を考えると妥当な新化でしょうか。
コントローラー部は一般的な長方体ではなく、パネルが斜め上を向いておりその下に水平面があってそこにもボタンが配置されています。
パンフからするとモービル向けの機種を考えてるようですが、モービルへの設置性は疑問…
リビングなので机のすみなどにコントローラーを置いて使うみたいな用途には寧ろ向きそうですが…

性能面で言えばIC-7000系その物という感じでIC-7000に近い性能だと思いますが、7000もあまり使っていませんので細かいポイントの比較は他の方にお任せします(笑
ただ、IC-7400と比較しても操作性とかは別として基本性能はそれ程大きく劣らない感じはしました。(もっとも会場の仮設アンテナなので何ともですが)
D-STARについては、正直使った事もなく対応機も持ってすら居ない(そもそもデジタル方式に興味がないので…)人間なので評価不能です。

・その他
突然の発表ですが、ベースとなっているのが恐らくIC-7000や9100・7410でしょうから完成度は他社の試作機と大差無いレベルでした。
まだアナウンスは無いですが、過去のICOMのやり方からして恐らく遅くても年内には出荷開始するんじゃないでしょうか。
早いとDX3000と同じぐらいに出てくる可能性も否定出来ないですね。

価格も未定ですが恐らくは15万前後で出て来るのだと思います。
そう考えるとDX3000やTS-990のような高級機ではないので、寧ろIC-7100こそ現実的な意味で興味を持つ方が多いんじゃないでしょうか?
ある意味1台でHF-430まで全てこなせるリグで安価な物、そしてD-STAR対応と考えると今のところ9100しか選択しが無かった訳ですが、7100の登場でより安価でより小型な機種と言う選択肢がでてきたという点は歓迎すべきかなと。
型番の7100と言う数字も9100に対する7100なのかな?と言う気がしました。
比較的小型安価な機種としてはYAESUのFT-450やICOMのIC-7200が有りますが、それより少し高くても144/430とD-STAR、そしてより小型なリグが欲しい方は注目のリグでしょう。


以上3製品を触ってみた感想です。
一応触っているところを一部動画に納めてUPしてありますので参考にどうぞ。
TS-990は視聴抽選に当たりましたので視聴シーンを撮影させてもらいました。
iPhoneを手で持ちながらの撮影なので多少見難い動画ですがご容赦を。

IC-7100(主にメニュー設定内容など)
http://www.youtube.com/watch?v=9GlPWrIHDG8&feature=youtu.be

S-990
http://www.youtube.com/watch?v=R22qECJikPE

FTDX-3000
http://www.youtube.com/watch?v=hB5BlAB4xVo
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JF9BLA

Author:JF9BLA
元ゲームクリエイターでオタなアマチュア無線家
萌えを理解するアキバ系ながら電子工作やアマチュア無線が趣味の理系オタw(ちなみに体形は太ってない、というか痩せ過ぎかもしれない・・・)
現在1アマ。

痛QSLカード普及会、会員No001番(というかソンナモノありませんw)
A1 CLUB 正会員:#1850

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。