FC2ブログ

予定通り(?)次期主力戦闘機が納品

無事に・・・主力戦闘機が納品、実戦配備されました。



とは言うものの、今回のメーカーの対応は個人的にはちょっと減点。
ショップの担当はすごくよく対応してくれたのですが紙切れ1枚が出せないので”7月1日以降の出荷にずれ込む”というよくわからない理由で納品が来週になるところでした。
電凸しちゃいましたよ、えぇ・・・

とりあえずしばらくこのスタイルで比較聞き比べをした後、FT-2kDはどこかに嫁がせる予定です。


それにしても初日から2kDとの差が体感できるシーンに何度も出会いました。
現状は同軸ケーブルの問題で6mのみ切り替え可能な状態ですが、5kで了解できるのが2kではムリというケースを早速体験。
その後R.FLT600Hzと300Hzの切れを味わえる(近接混信)シーンでも確認が出来ました(2kは3kHzが一番狭いです)
ほかにも細かいところで色々とグレードが上がっていますね。

とりあえずR.FLTの件は動画とれたのでUP
http://www.youtube.com/watch?v=BYX_3DOTH5I
iPhoneで撮影なので画面揺れるのはご容赦。


たまに”アパマンに高級機は意味が無い” ”オーバースペック”という話も聞くけども、個人的には高級DSP機のノイズ除去機能こそアパマンなどのS/N比の良くない環境で生きてくると思っている。
今の1エリアの環境はHFは20m~10mがDPで6mが2エレCQだけど、この環境でもアナログ機では聞こえない信号がFTDX5kで聞こえることはよくあるわけで。
勿論、ANTやロケの差でもとからキャッチできてない信号はどうにもならないし、その差は絶対だけどそこはリグの性能以前の話なので。
信号は来ている、けどノイズとの分離が出来なくて聞こえない場合はどうにかなる場合があると思う。
そして聞こえれば交信できる可能性はある、聞こえなければ手も足も出ないのでここの差は大きいのではないかなと。

ということでアパマン環境でどこまでの機能や機種が必要かは人それぞれ”どこまで求めるか”だけど、決して無駄にはならない・・・という観点で暫く2kと5kの比較をしてみたいと思います。
スポンサーサイト



新兵器と秘密兵器(笑

先日のシャック訪問でも話題に上がったのはやはりFTDX5000とTS-990の話題。
現在FT2000Dがメイン機のウチですが、去年の頭頃から周りのOMさんが次々とFTDX5000を導入、触らせてもらったりで欲しいなと思いつつも決定に至らず…
FTDX3000と1200も出てきたのですが、やはりFT-2000Dから乗り換えるには出力は目を瞑るとしてもDualVFOは欠かせない要素だと思ってました。
このあたりは先日居合わせたOM諸氏ほぼ全会一致(?)の感じで、やはりDualVFOになれると手放せません。
(FTDX3000と1200を並べて連動させれば…とか色々ネタは有りますが)

ではTS-990はどうか…?
ここは本当に趣味の領域なんだと思います(宗教か?w)
多分性能差はそれ程ないだろうと…
実はシャック訪問の翌日、某シャックオーナー(隠す意味はないのですがw)のJQ2GYUさんが某所の視聴会でTS-990とFTDX5000の比較をしてきたそうで、FT-1000MP MarkVから5000への乗り換えを前向きに検討しだしたという話がありました(どちらかというとVLYさんの方が気に入ったようですが)
その日私自身も別のOMのシャックをお邪魔してFTDX5000MPを”またも”見せつけられて(笑)もう9割決めかけていたのですが、GYUさんも990じゃなく5000を選ぶというのなら…と最終決断!
ちょっと色々条件やら何やらを勘案して時間がかかりましたけど、今回は6エリアのショップに新兵器(FTDX5000MP)を発注する事にしましたw
導入は来月頭になるかな…?多分。

この件について1年近くずっと検討していた訳ですが、最大の焦点は”果してアパマンハムでFT-2000DからFTDX5000に変える意味はあるのかどうか”です。
以下の点において”効果は有る”と判断して入れ替えを決意しました。

①ルーフィングFLTによるフロアノイズの軽減は都市部のプアなアンテナのアパマンハムでも十分に恩恵が有る。
②DSPの受信音においてCWの信号音とノイズの音の聞き分けがしやすく、ノイズレベルの信号の了解度が上がる。
③ダウンコンバージョンによる近接の強力な信号に対しての受信性能改善
④IMD特性の改善によりインターフェアやスプリアス成分の軽減が見込める。
⑤使用するときの満足感が上がる(笑
※現在はまだ5000が届いておりませんので予想です。

①、②、③についてはFTDX3000でも同様でしょうから、今からアパマンでと考えている方は無理に5000を選ぶ必要はないと思います。
しかしFT2000を使っていてDualVFOが手放せない私は5000を選ぶしかなかったというだけです…
④については3000や1200がどの程度か判らない(調べてない)ので何とも言えません、まぁ我が家および近隣は幸いにもインターフェアは皆無なので現状でも問題はないのですが。
⑤は・・・ただ単にFTDXって名前が1200にまでついて悔しかっただけですw(爆
ただ、今までFT2000を使ってきて既にWKDは150エンティティを超えてますし、FT2000が決して性能的に不十分だとは思いません。
むしろ大半の方は2000や950で十分なのでしょう。
それ以上は拘り・趣味趣向の世界ですw


そんな訳で近々新兵器導入予定で、実際に差は有るのかじっくり聞き比べたいと思います。
尚、新兵器が導入された後にはFT-2000Dはドナドナ予定。どなたか里親になりません?(笑
そういえばFT-2000シリーズはDだけはラインナップに残るような話でしたが、結局Dもディスコンにするようですね。
安価なDualVFO・DSP・200W機だった2000Dはコストパフォーマンス的にかなり良いリグでしたが、逆にコストパフォーマンスが高すぎてメーカーとしてはお荷物だったのでしょうかね・・・?
それともFTDX4000とか出てくるのかな・・・w


それから秘密兵器も近々(数か月中には)導入予定ですw
此方は秘密兵器なので…というわけじゃないですが導入してからいずれ報告という事で

先週末は・・・

土日連続で大移動でした。

土曜日は以前お邪魔させてもらった裾野市にあるGYUさんのシャックに山梨メンバー主体で伺う予定とのこと。
一緒にどうですか?とお誘い頂いたので折角なので出かける事に。

朝の7時半に家を出発。10時に大月駅で山梨メンバーと合流し車で裾野市へ。
シャック手前で別行動で向かっていたVNQさんとSPSさん二人と合流…なのですがここで問題が。
430で連絡を取る予定だったのですが、モービル機の調子が悪いとのこと。
”受信音がおかしい”という事で、送信はOKという事で”聞き難くても何とかなるだろう”と思って呼んでみたら…
確かに飛んでいるようでVNQさんから応答は有ったのですが、モービル機ではカスリもしないのに車内手持ちのID-51では聞こえるという謎現象が(笑
どうやら受信音じゃなくて受信部に問題が有るようですね…
しかし送信は車内のハンディからでは届かない…
という事でモービル機で送信しながらID-51で受信するという力技で交信してましたw
やはりいざという時にハンディでもバックアップ機が有ると安心なのかもしれないですね…

というトラブル(?)もありましたが何とか12時頃にシャックに到着。
かなりの大人数での訪問でしたがワイワイと無線から音楽の話から話が尽きない感じ…でしたが私は途中から少し離脱してリクエストがあったJT65Aのデモをしていました
と言っても私も先日から少し弄ってる程度ですので細かい所までは答えられたのか疑問ですが…
(ずっとデジタルモードの追加変更届が面倒で先延ばししてたのに数日前から急に変更届を出して運用してたのは実はこのため(笑)
しかし、デコードは問題なくデモは出来ましたが、磁気嵐の最中で大した所も聞こえず国内と極東だけ…

デモもひと段落して本体に戻って話をしていましたが、今度はTS-590Sの話に。
皆でシャックに戻ってTS-590とFT-1000MP MarkVの聞き比べです。
前の週に別の機会でIC-7100とTS-590の聞き比べをさせてもらっていたんですが、やはりこの価格帯ではかなりのポテンシャルです。
八重洲派の私としてはFTDX-1200がどこまで追い上げ出来るのか興味が有るところではありますが、TS-590の受信性能は間違いない。
そうこうしていると、14MHzでFJ/K5WEが出てるとのこと。
「この時間(JST16:00ごろ)じゃ流石に聞こえないよねー」なんてみんなで言いながら14.002に行くと…聞こえる!
とりあえず急いでリグを切り替えてVLYさん、続いてGYUさんが続けてWKD。流石にタワーにフルサイズビームは飛びが違います。
”出れるなら呼んだら?”と言ってもらえたので、JT65の為に持ってきていた移動セットを慌てて再起動w
しかし愛用のベガリのパドルがケーブル断線したようで使い物にならないorz
しょうがないのでUSB IFも出してきてPCキーイングでセッティングし7,8回で何とか引っかかりWKD。
カリブなんて自宅からは到底無理なのでかなりラッキーでした。勿論MixNEWで1UPです。
この1QSO出来ただけでも一日家で無線しているより大きい成果ですね…別宅シャックを持つと家で無線をしなくなるというOMの感覚が判るような気がします。
(ま、現状の私には到底無理ですが…)
その後しばらくして山梨メンバーと共に山梨へ引き上げました。


翌日曜日は、山梨コンテストに出る為に準備開始。
前日故障したパドルですが残念ながらケーブルが至る所で断線してるようで復旧を断念してPCキーイングだけで凌ぐ事を決意…
出発前に昨日もお世話になったOMのお宅に顔を出して、ちょこっとだけシャックを見せてもらう。
やっぱりFTDX5000は良いなぁ…
と思いつつもあまり時間もないので挨拶程度ですぐに運用場所に向かいます。
今回は8J1YのOPでやる予定なので、8J1Yの固定局が有る笛吹市の山の上のシャックにお邪魔です土日連続で大移動でした。

土曜日は以前お邪魔させてもらった裾野市にあるGYUさんのシャックに山梨メンバー主体で伺う予定とのこと。
一緒にどうですか?とお誘い頂いたので折角なので出かける事に。

朝の7時半に家を出発。10時に大月駅で山梨メンバーと合流し車で裾野市へ。
シャック手前で別行動で向かっていたVNQさんとSPSさん二人と合流…なのですがここで問題が。
430で連絡を取る予定だったのですが、モービル機の調子が悪いとのこと。
”受信音がおかしい”という事で、送信はOKという事で”聞き難くても何とかなるだろう”と思って呼んでみたら…
確かに飛んでいるようでVNQさんから応答は有ったのですが、モービル機ではカスリもしないのに車内手持ちのID-51では聞こえるという謎現象が(笑
どうやら受信音じゃなくて受信部に問題が有るようですね…
しかし送信は車内のハンディからでは届かない…
という事でモービル機で送信しながらID-51で受信するという力技で交信してましたw
やはりいざという時にハンディでもバックアップ機が有ると安心なのかもしれないですね…

というトラブル(?)もありましたが何とか12時頃にシャックに到着。
かなりの大人数での訪問でしたがワイワイと無線から音楽の話から話が尽きない感じ…でしたが私は途中から少し離脱してリクエストがあったJT65Aのデモをしていました
と言っても私も先日から少し弄ってる程度ですので細かい所までは答えられたのか疑問ですが…
(ずっとデジタルモードの追加変更届が面倒で先延ばししてたのに数日前から急に変更届を出して運用してたのは実はこのため(笑)
しかし、デコードは問題なくデモは出来ましたが、磁気嵐の最中で大した所も聞こえず国内と極東だけ…

デモもひと段落して本体に戻って話をしていましたが、今度はTS-590Sの話に。
皆でシャックに戻ってTS-590とFT-1000MP MarkVの聞き比べです。
前の週に別の機会でIC-7100とTS-590の聞き比べをさせてもらっていたんですが、やはりこの価格帯ではかなりのポテンシャルです。
八重洲派の私としてはFTDX-1200がどこまで追い上げ出来るのか興味が有るところではありますが、TS-590の受信性能は間違いない。
そうこうしていると、14MHzでFJ/K5WEが出てるとのこと。
「この時間(JST16:00ごろ)じゃ流石に聞こえないよねー」なんてみんなで言いながら14.002に行くと…聞こえる!
とりあえず急いでリグを切り替えてVLYさん、続いてGYUさんが続けてWKD。流石にタワーにフルサイズビームは飛びが違います。
”出れるなら呼んだら?”と言ってもらえたので、JT65の為に持ってきていた移動セットを慌てて再起動w
しかし愛用のベガリのパドルがケーブル断線したようで使い物にならないorz
しょうがないのでUSB IFも出してきてPCキーイングでセッティングし7,8回で何とか引っかかりWKD。
カリブなんて自宅からは到底無理なのでかなりラッキーでした。勿論MixNEWで1UPです。
この1QSO出来ただけでも一日家で無線しているより大きい成果ですね…別宅シャックを持つと家で無線をしなくなるというOMの感覚が判るような気がします。
(ま、現状の私には到底無理ですが…)
その後しばらくして山梨メンバーと共に山梨へ引き上げました。


翌日曜日は、山梨コンテストに出る為に準備開始。
前日故障したパドルですが残念ながらケーブルが至る所で断線してるようで復旧を断念してPCキーイングだけで凌ぐ事を決意…
出発前に昨日もお世話になったOMのお宅に顔を出して、ちょこっとだけシャックを見せてもらう。
やっぱりFTDX5000は良いなぁ…
と思いつつもあまり時間もないので挨拶程度ですぐに運用場所に向かいます。
今回は8J1YのOPでやる予定なので、8J1Yの固定局が有る笛吹市の山の上のシャックにお邪魔。

ちょっとギリギリに到着になってしまったので、オーナーに挨拶もそこそこに慌ててセッティング。
こちらのシャックはICOM機で、いつも使ってる八重洲機と使い勝手が違うので四苦八苦…(汗
”7のCWやってね”と言われてたので7のCWでRUNですが…フィルタ類を調整する場所も判らず…orz
RITだけはすぐに分かったので何とかごまかしながら…。
(無理に変なところを弄って壊さないまでも設定戻せなくなったりすると逆効果なので…)
更にパドルもないので全部PCキーイングなのですがCTESTWINではタイピングウインドウを出すとメイン機能が使えなくなるようで(方法他になるのかな?)
とてもコンテスト中に切り替えて使えない(少なくとも私は)
しかもマクロが何かおかしいのか、”相手のコール+B4”のQSO済みのマクロが何故か”相手のコール+N?”という謎な信号を出してしまう始末…
何度見ても設定はちゃんとB4なのに…orz
そんなこんなで意味不明な信号をたまに送信しつつ(苦笑)何とか2時間乗り切りましたが、QSO数は116と40mにしては何とも言い難い微妙な数字で終了でした
ま…8Jですからチェックログだし良いといえば良いのですが。

その後各地からコンテストを終えて集まってきた皆さんとBBQをしつつ50.110をワッチしてましたが、残念ながらこの日は目立ったOpenもなく終了…
6mのEUが聞けたら嬉しかったのですが…

そんなこんなで17時過ぎに解散となり、近くのJRの駅まで送ってもらって帰宅しました。
2時間半弱の電車の旅でしたが、やはり2日連続の長距離移動は疲れますね…
でもよく考えたら北陸新幹線が開通すると東京<>金沢間が3時間を切りますので、こんな感覚で日帰り又は金曜の夜に帰って日曜に戻ってくるという事もやりやすくなりますかね…?
それなら9エリアのシャック整備もボチボチ考えるのですが(ま、時間的には同じですが金額的には8倍ぐらいなので…毎週とか無理ですが)

Es祭り

昨日に続き今日も大盤振る舞いなEsさん。

昨日は一日中外に出ていて不参加でしたが今日は朝から参戦・・・といいたいところですが午前中はダラダラしていたので不参加・・・w
どうやら午前は6mでW、2mでもUA0が聞こえたらしい?
午後になって6mの大Openに気づいたので早速HLを3局ほど捕獲。
えぇ・・・実は6mのHLはLoTW対応局にあたってなくてCFMになってなかったのです・・・(紙カードはもらってるけど

調度ツイッターにHL2/KA8U局がいたのでお願いしてCW/SSBどちらも無事QSO CFMとなり1UP

その後DS2KGJ氏がSSBからAMにQSYしていたので2回目のQSO、6mAMでの海外は初でした。
名前きいたら私と同じShinさんでしたねぇ(笑
午後はEUも一部で開けたようですが、WやEUはウチのような弱小には縁の無い世界です、今のところは。


その後”2mでBが聞こえるぞ”とのQSPで急ぎQSY
パイルになってますがBA4SIがRunしてます。
何とか粘ってこちらもゲット。2mのオーバーシーも実は初めてでしたw
BA4SIは何度かHFでのQSOはしているのですがアクティブですね、LoTWも上げてくれるのでラッキーでした

FC-102メーターランプ切れ…LED化

先日WPX CW運用中のこと・・・
1日目終わって一眠り・・・さて!続きと思ってふと横のFC-102をみる・・・と
IMG_0889.jpg

ガビーン

FT-102譲りのこのメーター。
ランプも色も特殊なものを使っていてもうメーカー在庫がない代物
ちょっと前に有志がいろを再現したものを配布していたようですが、連絡してみても連絡取れませんでした・・・orz

どうするか・・・悩んだんですがほっといても改善はしない。
それに元々、メーター内側に水滴がついてしまっており分解清掃したいと思っていたのでこの際LED化に挑戦することにします。

しかしこのFT-102とFC-102、すきな理由がこの色なんです。
何とかして元の色に近い色にしたい・・・
そこで電球色という色のチップLEDを使ってみることにしました。

IMG_0904.jpg

分解していくと、こうなっています。
見てのとおり左右から給電し、ちっちゃい蛍光灯みたいな形のムギ球が発光、グリーンのシリコン(と思われる)カバーの色と混ざってあの黄緑色が出るということになります。

とりあえずチップLEDを3つ直列にし、抵抗を入れて12Vで点灯するようにします。
LEDは3.1~3.4V仕様のものです
IMG_0896.jpg

抵抗側が+
LEDの表面にレンズ状になっているのはホットボンドです。
チップLEDの光を拡散させるために私がよく使う小技ですwww

IMG_0898.jpg
はずしたムギ球と3連結LED


IMG_0902.jpg

組み込んでみたんですが、ごらんのとおり・・・
確かに電球色を使ったんですがオリジナルよりかなり青い色にorz
これはこれできれいですが、目的の色ではないのですorz

どうやらチップLEDじゃなければ”ロウソク色”というのがあるらしく、それがいいんじゃないか?なんて提案ももらいました。
しかし見てのとおり元のランプ形状と照らしたい方向、それにグリーンのカバーに入れないといけないという条件を考えるとチップLED以外は相当小さくないと無理そう・・・

一晩考えに考えたのですが、要するにもう少し黄色い色で光ればいいのです。
光の強さはムギ球よりLEDx3のほうが全然明るいので・・・ならば・・・!

IMG_0916.jpg

じゃじゃん!
右が処置後、左はLEDにカバーだけの状態。
どうでしょう?オリジナルより少し明るく若干青系が強いですが、かなりオリジナルカラーに近い色になりました(`・ω・´)

IMG_0918.jpg

ということでLED化完了( ´ ▽ ` )ノ
この大手術の途中で回路の思い違いから不要な12Vラインをバイパスするハメになったり、Powerメーターを落としてしまい、下側の軸が外れてメーター全分解とか言う大手術をすることになったり色々ありましたが何とかLED化できました!
写真では色調補正のせいかかなり青っぽい色ですが、本物はもっと黄色い色をしてます
右だけ改良した写真より若干青い感じの色に仕上がったのでヨシとしました。

しっかし、この色のランプ切れたら終了だと思ってたのでもう諦めてLED化しましたが、単純な色(ただのランプの色)じゃないので苦労しますね・・・
割り切って光ればいい!ってならサックリ完了するんですけどね。

プロフィール

JF9BLA

Author:JF9BLA
元ゲームクリエイターでオタなアマチュア無線家
萌えを理解するアキバ系ながら電子工作やアマチュア無線が趣味の理系オタw(ちなみに体形は太ってない、というか痩せ過ぎかもしれない・・・)
現在1アマ。

痛QSLカード普及会、会員No001番(というかソンナモノありませんw)
A1 CLUB 正会員:#1850

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR