FC2ブログ

6mは敷居が高いのか?

追記記事を上げましたので、そちらも併せてみてもらえればと思います

6mは敷居が高いのか?(続)



ちょっと話題に上がっていて見に行ったら想像以上の内容で驚いてます。

http://jj1wtl.at.webry.info/201509/article_7.html

6mを”憎悪渦巻く敷居の高いバンド”との表現があり、その下に別の方のBlog等へのリンクが張られています。
はっきり言って、不愉快に思う方も多いんじゃないでしょうか?

個人的にはこういう”表現”を安易に使われると、よく知らない方から見たらそうなんだという認識が定着してしまいそうに思います。
こういう一部の例を取り上げて”全体がそうだ”と思わせるような表現を使うのは不適切でしょう。
私自身ずっと6mが好きでオンエアーしていますが、こういうケースはごく一部であり、6mバンドがそのようなバンドであるとは思いません。
6mのDXについては伝搬が不安定であり、時に不確実なQSOや呼び合いからの小さい衝突は勿論起きてます。
しかしそういうものは少なからずほかのバンドでもある話で、6m”だけに”ある話ではないです。

6mの慣習についても他と特殊な部分があるのは、そういうバンドの特性によるものであって、一部の人間が勝手にやっている事ではないですし、変な慣習はほかのバンドの方がよっぽど多いと感じてます。
(そもそも一部の人間だけのルールなら慣習にはなりませんので(笑))


また、こちらではkW免許の数を調べてリストを公開されていますが、はっきり言って載る側からしたら愉快な気分にはならないのではないでしょうか?
知っている(覚えている)人もいるかと思いますが、数年前に私自身6mのkWリストを作ろうとしていた事がありました。
当時からツイッターのフォロワーの方は発言が記憶にある方もいるんじゃないかと思います。
が、最終的に公開はしませんでした(というか途中でやめました)
理由は殆どの方には何の利益もない情報で、かつそこに載った方からしたらあんまりいい気分じゃないだろうと思ったからです。
今こうして公開されているリストを見ると、正直なところ自分が公開してなくてよかったと思ってます。


JP1LRT局より嬉しくないとの申し入れがあった件も掲載されていますが、そういう場合の相手の書き方も呼び捨て(というのかな、コールだから微妙ですが)で書くのは少し配慮に欠けるんじゃないでしょうか?
私ならxx局、xxさん、xx氏いずれかの表現を使います。
それが正しいかどうかは別としても間違っても”JF9BLAからそういう連絡がありました”とは書きません。

初めてリンク先の記事を読んだ方が6mはそういうバンドだと思い込みかねないと思ったので、私としての見解を書かさせてももらいました。
リンク先のBlogで引用されている内容は実際にあった話も含んではいるんでしょうが、それはごく一部の話だし、そもそもに国内QSOでそのようなケースはほぼないんじゃないでしょうか。
DXだけが6mではないし、DXをやる人の間でも一般的ではない話も含んでいますので、それをもって全体を評してほしくはありません。
スポンサーサイト



Jrハム DX QSOプロジェクト

以前CQ誌にも取り上げて頂きましたJrハム DX QSOプロジェクト。

第一回:JA<>EUスケジュールQSO(2012年3月17日 土曜)
第二回:JA<>OC/AsiaスケジュールQSO(2012年9月16日 日曜)

と実施しましたが、2013年に第三回の実施を検討しつつもJrたちの反応や
第一、第二回とそれ程間が空いてなかった事等も有り、見送りになってそのままとなってました。


第二回に協力してくれたVK3EHGさん等からは次も有るなら協力してくれる旨の話は何度か頂いてましたが
Jrオペレーターを無理に集めてやるようなイベントでも無いと言う事でそのままになっていました。
当局としても、私自身がJA側でコントロール出来る程の設備を持たない関係もあり、どうしてもJA側でも
ビッグステーションの協力者が不可欠で、そんな立場の私から”ドンドンやりましょう”と言いづらい事も有りましたが…



先日、第一回に協力してくれたOE1ZKCさん(第一回では残念ながらQSO不成立)から、
「次をやるなら今度はビッグステーションの設備を借りられると思う」
と言う話を頂き、前回の実施から3年の間も空いている事もありますので、第三回の実施を検討したいなと考えてます。


ただ、私も先日設備共用ではありますが1kW免許を取得はしましたが、そのシャックはEU方向は山が有る事や
インターネット回線が通っておらず、今回も実施するとなると何方かにJA側のコントロールをお願いするしか無い状況は変わっていません。
その他、参加希望者がいるかどうかもまだ未調査ですので問題は山積みですが、実施するなら今年秋のDXシーズンを狙うのが良いかなと思います。

第一回でQSOが成立したDL1YMさん、それから今回話をくれたOE1ZKCさん。
第二回で協力してくれたVK3EHGさんの3人は予定が合えば協力して頂けるとは思いますので、後はJA側の問題になるでしょうか。
以前に参加してくれた各Jrクラブ局や協力してくれたJA3RLには連絡は付きますが、それ以外からの参加希望者が居ると実施にも弾みが付くんですけどね…



参加希望、サポートの申し出、その他提案等有りましたら是非コメントや連絡頂きたいと思います。

学生対象、HF機の譲渡

JE4SMQ氏より、学生(高校生以下)のハムを対象にしたHF機の譲渡に関する告知が有りました。


これからHFで活躍したい高校生以下の3アマ以上取得者にトランシーバをさしあげます


詳細情報は上記リンクをご覧ください。
機種はYaesuのFT-757GX2(100W機)で内部切り替えで50Wにもできるモノ。
専用オプション電源がついてきます。
3アマで50W申請をする場合はおそらく50W切り替え部を接着剤等で固定した写真などが必要になると思いますが、TSS経由で50Wの免許もおろせます。

CWフィルター入りですのでCWをやりたい方にお勧めでしょう。
757GX2は私も9エリアにおいてありますが、7Mhzのコンテストなどで使うには辛いかもしれませんが、まだまだ十分現役で使える機種です。


細かい応募条件がありますので、希望者は該当ページをよく読んで応募して下さい。
今回は100W・50W機ですから当然3アマ以上限定になります。

今年のジュニアハムDX QSOプロジェクト

昨年春と秋に実施しましたジュニアハムDX QSOプロジェクト。
今年は春のシーズンを逃してますので、実施するとしたら秋のシーズンになりますが。

現在の所全くのノープランです…
そもそも、第一回も第二回もそれほど多くの参加者が居たわけでもないので何とも言えませんが、実施後の意見もあまり出てきませんでしたので…
実際問題続けるべきかどうかも含めてどうなんでしょうね…
(一人善がりの企画ならやる意味なんて全くない物ですから)

それに毎回スケジュールを組んで、DX局に待機してもらって、JAでもMCをどなたかにお願いして…となるとかなり各方面の負担が大きいようにおもいます。
私がMCぐらい出来れば良いのでしょうが、所詮はアパマン局ですから無茶なのは目に見えてますし。
そういう立場なのもあって実際に私の方から”続けましょう”と言い続けても結局負担がかかるのは海外局だったりMCを受けてくれる方だったりします。
そういう意味もあってどうしようか悩み中なんですが、もしやるならそろそろプラン立てないとまずい時期でしょうしどうしたものでしょうか。

でも本来こういうジュニア向けの企画事はJARLが率先してやってほしいですよね…
JARLは自分らの利権やら存続に関わる事は必死ですが、次世代のことがまるで頭にないように見えますが…気のせいです…よね?
こどもの日の8J1RLとJA1RLの交信も良いと思うんですが、もう少し手広く他のクラブ局や各地から参加しやすいイベントを考えてほしいですね。

そんな中、第一回・第二回と協力頂きましたJA3RL(JARL大阪支部)には本当に感謝です。

第二回 Jrハム DXスケジュールQSO

先日16日に行われた第二回 Jrハム DXスケジュールQSO。

今回は3、4、8エリアからの参加者とVK3(メルボルン)KH0(マリアン)DU9(ミンダナオ島)4S7(スリランカ)の各地のQSOとなりました。
前半の4Sを除く3地点ではVKが一番厳しいポイント。
開始直前のCondxチェックではVKがなかなか取れません。

仕方なくVKを置いておいて8エリアからKH0・DU9と交信開始してもらう事にしました。
しかし運がいいのか、このタイミングでVKパスが急によくなり、VKからブレーク。
この後も最後まで何とか持ってくれたおかげで前半参加者は4アマ含めて全員が全地点と交信成立となりました。


さて問題は後半の4Sです。
実は前半の終盤に4Sからブレークが入ったのですが各局あまり入感状況が良くありません。
当局の位置でも信号は確認しましたが・・・
なので予定通り前半組みの残りを消化し、4時40分ごろから4Sをコール開始・・・しますがなかなか状況がつかめません
我が家では手も足も出ないので、KH0組からや、サポートに回ってくれたJM1WBB・JG7MFN局と呼び出しをお願いするも空振り。

そうこうしていると誰かと4SがCWで通信している事に気づきました。
おそらくJA3RLでしょうか?
その後SSBにQSYしてきて、強くは無いですがメリット5です。
JG7MFN局からコールしてもらい無事に通信確立。
その後こちらから呼んだ・・・のですがこれが中々通りませんorz
最後はJM1WBB局にQSPしてもらい、何とかJrオペレーターと交信開始です。
こちらも4アマの子は多少梃子摺ったものの無事に全員交信に成功し、非常によかったかなとおもいます。


ただ、この途中でひとつ残念な事がありました。
8エリアが終了いして4エリアとの通信を開始した直後、1エリアのD○K局が4s7をコールしました。
勿論このイベントの知名度的に皆さんが知っているわけでもないですし、4Sの運用自体も別にこのイベント専用ではありません。
他の方が交信したいのならコールすることを咎める事は出来ませんが、10Wの局が必死で呼んでいるのを被せてきたのをおいて置くとしても・・・
「59ですがプリフィックス教えて下さい」
には正直残念な感想しか出てきませんでした・・・
せめてコール確認できてから呼んで下さい・・・本当に・・・
プロフィール

JF9BLA

Author:JF9BLA
元ゲームクリエイターでオタなアマチュア無線家
萌えを理解するアキバ系ながら電子工作やアマチュア無線が趣味の理系オタw(ちなみに体形は太ってない、というか痩せ過ぎかもしれない・・・)
現在1アマ。

痛QSLカード普及会、会員No001番(というかソンナモノありませんw)
A1 CLUB 正会員:#1850

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR