FC2ブログ

6mの敷居が高い…?(続)

先日、とあるBlogの書き方から意見をここに書いた件の続き。

前回記事
http://jf9bla.blog55.fc2.com/blog-entry-240.html


とある方から、あんまり敵視したような言い方は余計に”憎悪渦巻く”ように見られかねないのでは。
という内容の指摘があったので少し加筆。
(私個人にではなく、同様の発言をした人たち全体に対してだと思うけど)

先の記事に上げた点は撤回するつもりはないのだけど、確かに表現はもう少し気を付けた方がよかったかもしれないと少し反省。
ただ、憎悪渦巻く…として例に挙げられているような内容の事は本当にごく一部の事例である点や、6mバンドに限らない話であるのは間違いないと思ってます。
それを元に”憎悪渦巻く”と言ってしまうとそれはアマチュア無線全体がそうだと発言しなければならないでしょう…
(実際アマチュア無線界隈で憎悪渦巻いてたりややこしい事があるのは否定しようがないけどもw)

どちらにしても、実際に6mにずっと出ている方ならそんなことは言わずともわかっている話だと思うのだけど、ネットに書かれてしまうと今まで6mに出たことがない人やこれから無線を始める人からしたらそうなんだと思ってしまいかねないというのがよろしくないと思う。
実際に6mも他のバンドも運用している人がその人の視点でそういう感想を持ったというのはらそれはそれで仕方ないんだろうけど。


VHF帯でありながら、突然思いがけない遠隔地の信号が聞こえてきたりする所にあると思う。
11年サイクルのコンディションにも左右される所もあるけど、実際にマンション4Fのベランダに3エレのCQという構成でもAFの一部である3B9や北米ともQSOが成立しているし、南米の信号が聞こえた事もある。
確かに6mでDXCCを完成させようとするとさすがにタワーに大型の八木がなくては厳しいのは事実だけど、小型の設備でもタイミングが合えば遠隔地とQSOできたりするし、Esシーズンには日本国内が突然強力に入感する。
上に上げた3B9の大オープンではダイポールやGPといったもっと小規模のアンテナでも何人もQSOに成功しているのを知ってる
(勿論いつもできるわけじゃないけど)
突然聞こえ出して突然聞こえなくなることも多い不安定なバンドだけど、だからこその面白さがあるバンドだと思ってる。

ただそういうバンドの性質から、時に不確実なQSOとなってしまってQSOが成立していない相手にQSLを送ってしまったり
また悪意のある誰かがレアな国の局に成りすまして出てきて、その局とQSOした局が実際に存在する本当のコールの持ち主にQSLを送ったりする事案があるのだと思う。
(勿論そういう事例は6mに限らずHFでも度々起こるし、私も過去に成りすまし(パイレート)局とQSOした事もある)
そういう場合、QSOした側はそう簡単に判断ができないわけで…
特にCWだと声もわからないので本人か成りすましかは判らないケースが多いので多少は致し方ないのだと思う。

そのレアケース?を取り上げてつついて回ったり、それを見て憎悪渦巻くという表現をしてしまうのは確かに”憎悪”が渦巻いてしまってるのかもしれない(笑
そういうのはあまり気にせずに純粋にアマチュア無線を楽しめばいいと思う。

コンテストに出るもよし、知り合いとのんびりしゃべるもよし、DXを狙うもよし。
これは6mに限らず全バンドに言える事だと思う。
スポンサーサイト



8J1AKIBA/1 運用始まる

昨年は流れてしまった8J1AKIBA(アキバ大好き祭りPR局)ですが今年はJARL特別局からJARL外特別局に鞍替えしましたが8月1日~9月いっぱいまで運用する事になりました。
JARL外局ですので残念ながら2013年のような公開運用は予定していませんが、各メンバー持ち回りで運用していきます。

8月1日~2日は大島移動
その後20時~24時はさいたま市見沼区より
8月3日は終日私が担当して東京都台東区より運用しました。

QSLは運用終了後にまとめて発送ですのでご注意ください。


さて、今回の3日の運用は今年の運用では多分はじめての本後を入れた運用でしたので各バンドものすごいパイルでした。
(1~2日はFDの前後での運用のみだったようです)

3日の分のQSO統計は下記のとおり。
0803 8J1AKIBA

ユニークコールが510局ですのでまぁそこそこかな?
記憶にある中では最高で一人5QSOした方がいたと思います
(1~2日のデータは含んでいません)


さて、今回運用しての感想をいくつか書きたいと思います。

>>160m<<
やはりこの時期のローバンドはノイズが多くて耳が追いつきません。
23区内ではかなり受信が苦しいです。
160mのANTは先日作り直したもので、バンド内1.5以下に全部収まっているので、超短縮(40mの4分の1ワイヤーにコイルを連結したもの)の割りには飛んでるようですが受けがどうしても厳しい感じでした。

>>80m<<
80mも160mと同じく40mのワイヤーにコイル連結です(バナナプラグ差し替えにより40・80・160を切り替えてます)
こちらもぴったり合わせこんでますので飛びはそこそこ
80mは受けも何とか、CWは300Hzフィルタを入れれば大分ノイズレベルが落ちるので大丈夫だったと思います・・・(多分

80mは最初パイルのためSprit運用をしましたが、上に人が居てUPが使えずDOWN指定しました。
概ね理解してもらえて皆さんちゃんと下で呼んでくれていた印象でした。


>>40m<<
40mはほぼフルサイズのワイヤーですので飛びはまずまずですが、80mよりノイズが酷かった。
CWでは大丈夫ですがSSBではやはり耳が全然追いついてません。ここでSSBは無謀でしょうか。

CWは当初Sprit UP指定をしましたが、中々理解してもらえないのかオンフレ呼び倒しや妨害が居たようでこちらの指定が通らない事がしばしば。
50Wですから、妨害かけられたら潰されますので何度コール返しても帰ってこない事も多かったです。
UP指定も国内メインの方はなれていないのか、中々オンフレから離れてくれなかったようですがクラスターにUPの説明が上がったあたりから皆さんUPで呼ぶようになりました。
(そもそもCWの指定は聞いてないか取れてないか・・・?)
ただUPでも呼び倒したりロングコール、指定無視が多くて、返した局の信号が潰される事も多かったと記憶してます。
指定無視や被せて横取りのようなスタイルは私のOPのときは基本的にピックアップしませんので、悪しからず
(似ているコールで呼んでるのならまだわかりますがまるで違う方がずっと呼んでるケースが多いです)
40mはSSBもCWも疲れるので、好き好んでやりたくない感じです・・・良く飛ぶので出ないわけに行かないですが。



>>30m<<
30mは40m用のワイヤーにチューナーで乗せてるだけですが、40mよりCondxは良かったようですね。
それでもあまり人が居なくて閑散と(マッタリと?w)楽な運用でした。



>>20m<<
20mは局数こそ40mより少ないですが運用時間も短いのに120QSOも出来てます。
全国的に開けていて全エリアから呼ばれ、40m以上のパイルでした。
ここでもSprit指定でUP1からそれでも追いつかずUP1-2指定にしましたが、ここで面白いのは40m以上の猛パイルなのに皆さんものすごく整然と呼んできます。
こちらが誰かを指定すると殆どの方がピタリと送信を止めます。
勿論JA3?などで返した時にJA3が2人いたりとか、JA3以外にJR3が呼んでたり程度はありますが、呼び続けてる人は居ないし、少したつとこちらのタイミングを皆さん掴んでくるのか誰かを指定するとコール途中の方もピタリと止まる人が多い。
(おそらくフルブレークインかセミブレークインで送信の合間にこちらが電波出してるかどうかちゃんと聞いてる方が多い)
とにパイル慣れしてる感じで、40mと比べると本当に面白いほど違いました。
やはりDXバンドなのもあってDXペディションとかに慣れてる方が多いんでしょうか。

さらにいえば、SpritでUP1指定などでUP1ジャストで呼ぶ方が少なく、皆さん上手くずらして呼んできます。
40mや80mではUPやDOWN指定をするとピタリと合わせて呼ぶ人がおおくて困りましたが20mはまったくそういう事が無く面白かったです。

CWでジャストで複数人が重なると、信号の強弱にかかわらずサイドトーンの高さが一致しますから全部つながって聞こえます。
つまりコールがまったく取れません。
これはパイル受けた事がある人じゃないとわからないのかもしれませんが、なれている方は40mや80mでも数十から100Hzほどずらして呼んできます。
そうすると一人だけトーンの高さが違うので聞こえます。
このやり方で599+20以上の団子パイルを539程度の信号で一発フルコールでぶち抜いていく方が何人か居ました、流石ですね。

あまり離れすぎるとフィルタでカットされてしまいますが完全に重なるとつながるので、そのあたりパイルを呼ぶ時はゼロインしないほうが良いです。
最近のリグはゼロインメーターがついてほぼジャストにゼロインできてしまうのでみんな本当にピッタリ重なって取れない事が結構ありますので要注意です。


>>15m<<
15mはEsとScでこれまた中距離が良く聞こえていてSSBでRunしましたが面白かったです。
15mと6mはSSB主体の運用でしたが、15mも私が運用した限りはサフィックス呼びも殆ど無くて整然と呼んでいただいてた印象です。
3エリアや4エリアがそこそこの強さで聞こえてましたが平日昼間ですんであまり局数は伸びませんでした。



>>6m<<
6mはEsが出ていたので少しRunしたんですが、結果としてはあまりよくなかった感じ。
北方向のEsでしたが、うちは北はすぐ横にマンションがあったりであんまりよくないのでロケの問題でしょうか。
殆ど1エリア内のQSOでした。



概ね各バンドの感想をまとめてみました。
お呼びいただいたのにQSOできなかった方は多々いたと思いますが、23区のマンションからの運用ですのでご容赦いただけると助かります。
多分7日の金曜日はさいたま市見沼区から再度運用があると思いますので、トライしてみてください。

2015 6m AND Down コンテスト

今年も例年通りC50部門での参加です。


いつもどおり都内のマンションの自宅からなので上位勢には遠く及びませんが、アパマンベランダアンテナ組みの意地と限界に挑戦です(笑


システムは去年と大差ありません。
3エレCQに200W(JH1ESS)
変わったといえばマストをFSP-406XからFSP-508Bに変えたぐらいですか。

6D.jpg


今年はEsが開けっぱなしでGWが伸びない感じで苦戦しました
北側は高いマンションが多い立地で元々弱いのもあり、8エリアのEsオープンも他と比べて相対的にマイナス要因にしかなりません・・・
いつもGWで稼げる2の西側、3・9エリアマルチが全然稼げません・・・orz
Esの影響でいつもまったく取れない5エリアは愛媛だけ確保、4エリアもいつもは岡山と広島だけな感じですが山口を確保しました。
広島は複数QSOしてます。
あと兵庫もおそらくEsでしょうか・・・
近畿関西が壊滅的な状況の中Esによって6エリアマルチはコンプリート。
0エリアも多少苦戦しましたが最後は知り合いの援助で何とか新潟を確保してコンプリート。


結果的には昨年よりQSO数、マルチ共に伸びて、暫定では4000点ほど上回ってスコアは1.5倍ぐらいな感じですが、おそらく今回は他の方の方が伸びが良いでしょうから・・・
今回の感じでは6エリアか8エリアが優勝、参加メンバーの感じからして6エリアから全国優勝が出るんじゃないかな?という気がしてますがどうでしょうかね~


気になった点。
コンテスト中LN1ZなるDX(笑)から執拗に呼ばれます・・・
何度?やAGNを送ってもLN1Zとしか打ってきません(それも1回)
信号はめちゃくちゃ強いので取れないわけじゃないんですが、何度打っても取れないなら複数回コールすればいいものを・・・
4、5回の後、UR CALL?を打つとやっと2回コール打ちました
LN1Z  8N1Z<2回目
そう、頭切れてるんですね、特別局でこれはイカンでしょう・・・
どんな設備を使ってるのかは判りませんが8がLに成るのは余程調整が悪い気がします・・・
関係者の方もしみていたら一度再点検された方が良いかと思います。


最後にQSOいただいた皆さんありがとうございました。

ベランダアンテナのマスト交換

先週の土日にベランダアンテナのマスト交換を行いました。

今まで使っていたのはフジインダストリーのFSP-406Xという伸縮ポールだったのですが、6mの3エレQUADをトップに上げるには39Φでは不安があり、またロックピンが強風時に外れて下に下がってくる事が度々あって困っていました。
下がってしまうとステーが効かなくなるので、ポールの強度的にも問題になります。
といっても曲がったりはしませんでしたが、今まで大丈夫だから大丈夫ともいえません。

ただFAPシリーズだとボルト止めに出来るものの、途中でのロック構造がなくなる点で問題があり、ベランダで使用するのはやはり難しいという状況でした。
そんな時、FSPシリーズをボルト止めに変更した特注品がある、という情報をいただいて早速問い合わせてみた所なかなか良さそうだったのでFSP-508Bを購入しました。
※FSP-508B(ボルト止め特注品)はフジインダストリーに個別に問い合わせても対応してもらえないようです。
 ハムフェアに出展している”6m洗濯ネット”さん経由で入手可能のようです。

508Bは一番細いポールは39Φで同じですが、一番下に一回り太いパイプが1つ追加されており、上から2段目までで406Xより若干高い位置まで伸ばす事が出来ます。
強度的にも余裕が出来ますし、現在製作中のHF用BLAビームをQuadの上に上げようというときも余裕があるので即決で手配しましたw


>>交換作業<<
作業内容は以下の手順です。

1、HFのDPを一度全て撤去する(14・18・21・28のDP)
2、WH59を撤去する
3、FSP-508Bを406Xの横に仮固定する
  マジックテープ2つで倒れない程度に固定。
4、CQB-603(6mQuad)を406Xから508Bに乗せかえる
  (コレは撤去しておいておくスペースが物理的に確保できない為そのまま乗せかえる他ない)
5、406Xを持ち上げて、ローテーターからはずし、また下からマストベアリングを抜く
6、508Bを”Quad”ごと持ち上げて、下からベアリングを通してローテーター上に固定する
 >コレが今回一番危険で大変な作業
7、WH59を乗せて上にあげ、ステーを調整する。
8、HFのDPを再度セットする。


ベランダで一人作業ですので、コレでもかなりの無茶な作業になります・・・w
(ちなみにCQB-603は単体で6kg超です)

5/30 9:30 作業開始
1,2は難なくクリアしたのですが、3で早速躓きます。
最初は406より内側に仮固定したんですが、下ろしてきたところQuadが大きすぎて内側の位置だと壁に当たってしまい乗せ変えが出来ません!!!
検討した所406Xを固定しているマストベアリングをつけてある衛星パラボラ用の基台の向こう側に固定すればいけるだろうと、ただしそれは”508Bをベランダの手すりの高さ”まで持ち上げて、アンテナベースを乗り越えなければ成りません(;´Д`)
こんな危険工程は想定してなかったんですが・・・・
ここは先日設置したウインチを活用して上側をステーで引っ張り外に倒れないようにしながら少しずつ上げて・・・
何とか乗り越えた先で仮固定を完了した時点で既にお昼を過ぎてしまいました・・・
気温もかなり上がって作業は危険だと判断してこの段階で一時中断、16時から作業を再開としてQKです。

16:00 作業再開。
4、Quadの乗せ変えです。
コレも手すりより1m近く上での作業になるので、ウインチを活用。
吊り上げながらボルトを緩めて、そのまま上に持ち上げ横の508Bに乗せ変えて固定。
この作業は最初から想定していた工程なので難なくクリアですが、やはり6kg+αのものを自分の目線より上の位置で乗せ変えはウインチなどが無いと出来ない芸当ですね・・・

5、406Xを完全に取り外す作業。
コレもウインチを使って406を持ち上げて難なくクリア。
ですが406Xも5.5kgありますし、長さもあるので道具なしで一人で持ち上げて下からベアリングを抜く・・・というのは無茶でしょうね・・・

5、今回の一番の無茶工程w
7.8kgあるFSP-508Bに6kgのQuadと同軸類をつけたまま、持ち上げて下からベアリングを通して固定・後にローテーターに乗せて固定。
ハッキリ言って相当無茶なやり方を考えたもんだ・・・と自分で呆れてます(;´Д`)
でもこれ以外の方法を考えるならQuadを一度全解体して下ろすしかなく、そうなると作業時間が多分3倍ぐらいになりますので何とかやってみようと。
既に6kgの錘が上に乗ってるトップヘヴィー状態でどこも固定されてないポールを持ち上げるので・・・
細心の注意を払って根元とトップに仮ステーを張って外側には絶対倒れないように・・・
ベアリングを通したらとにかくベアリングを固定して安全を確保!

という事で何とか一番無茶な工程を乗り切った頃には既に完全に日が暮れて真っ暗直前・・・
1日作業の予定が残りは翌日に持ち越しになりました。

5/31 10:00 作業再開
WH59を上げなおしますが、コレがまた結構大変。
それなりに長さがあるので既に付いてるQuadに引っかかり捲くり・・・
何とかつけ終えた時は既にお昼・・・(またか!w)
またしても日が強く一番暑い時間は作業休憩に・・・

16:00 作業再開
ここまで来たらそれほど難しい工程は無いので、スルスルと伸ばして・・・・と行きたいところですが
HFのDPを上げた時にステーとの位置関係やそれぞれのDPを引き上げる滑車の取り付け、ロープの通す位置(絡まらないように)を確認しながら云々で、実際にポールを伸ばして固定し終えた頃にはやはり日没間際(;´Д`)
とりあえずロープ引っ張るだけで上げられる14・18のDPは上げてしまえましたが、21・28のDPはまた後日として一応作業終了となりました。


508A.jpg508B.jpg


写真は2日目のポールを伸ばすところと、伸ばしてステーの長さを調整中の写真。
本当は作業途中も写真撮影しておこうとおもったんですが、とてもそんな余裕なしでした(;´Д`)

3B9FR Open

ここのところ連日のように3B9FRが50Mhzで入感してます

(10日日曜日の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=AWEgIF6jbsw

3エレCQ  マンション4FベランダからあげているANTですが、4月16日のCWに続いてSSBもできてしまいました。
今度は3B8がほしい所ですが・・・
3B8は何度か聞こえたことはあるんですが、WKDまではできてません。
3B9は比較的すいてきてる印象があり、聞こえれば小規模設備でもQSO成立している方もいるようです。
あと1、2週間のチャンスでしょうけど、まだの方はぜひ狙ってみてください。
プロフィール

JF9BLA

Author:JF9BLA
元ゲームクリエイターでオタなアマチュア無線家
萌えを理解するアキバ系ながら電子工作やアマチュア無線が趣味の理系オタw(ちなみに体形は太ってない、というか痩せ過ぎかもしれない・・・)
現在1アマ。

痛QSLカード普及会、会員No001番(というかソンナモノありませんw)
A1 CLUB 正会員:#1850

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR